提案書を公開

雑記

植物コーディネートの依頼があった場合の提案書を公開します。

 

今回公開するのはこちら。

某オフィスのリニューアルでデザイン事務所様より花壇のコーディネートと現場を依頼された時のものです。

この時は依頼から現場までがとてもタイトでした。

10日〜2週間位だったと思います。土日を除けば実質1週間〜10日。。

しかも4月だったので植物業者は忙しい時期。

目的を理解した植栽コーディネート、担当できる職人の手配、見積もり、希望の植物の手配をパパッと終わらせなければ間に合わないスケジュール感です。

正直間に合うか微妙でしたが、担当していただいた職人さんのスピード感や判断が素晴らしく、上手く連携をとれて無事完了できました。

 

その時の提案書がこちらです。

シンプル!!!!

ですが、それには理由があります。

なぜなら提案書では3つの点を特に気をつけているだけなので。

①わかりやすいこと

②納得感があること

③依頼主の目的に沿っていること

 

特に今回のようなタイトスケジュールな場合は優先順位が低いと判断してさらにシンプルです。

 

なので、

  • 平面図のスケール感に合わせて簡易的に立面を作り、スケール感に齟齬がない範囲で配置
  • 「なぜこの植物をセレクトしているのか?」という理由を簡単に説明
  • イメージ画像

 

以上の必要最低限の情報を簡潔に記載している、という形です。

 

でもこういった提案書を作成していていつも

「絵が上手だったらサラサラっと描けてもっとスピーディーにできるんだろうな・・・」

とmacをカチカチやりながら思っています…。

 

 

タイトルとURLをコピーしました