(株)イトーキ「xorks」を見学

先日、日本橋にある株式会社イトーキのオフィス「xorks」の見学に誘っていただき行ってきました。

「xorks」はABW(Activity Based Working)という考えのもと、生産性と創造性を最大化する空間機能を備えた日本でも数少ない最先端のオフィス空間とのこと。また、日本でも数少ないWELL認証(WELL Building Standard)を取得に向けて本気で取り組んでいらっしゃってました。

ABW | ITOKI TOKYO XORK
「ITOKI TOKYO XORK」は、イトーキが考える新しい働き方とそれを実現する為のオフィスとしてデザインされました。社員自ら体現しながら、皆さまにご提案してまいります。

働き方改革ということで、リモートワークやフリーアドレスなどがほぼ当たり前になってきていますが、その一歩も二歩も先をいくオフィス空間の在り方を体感させていただきました。

きっとこんなオフォスで働く皆さんはさぞ楽しいだろうなと。。。

また、照明やスケジュール調整、スペース利用状況などオフィスにおける様々なものがアプリにまとめられ、効率的な働きが可能になっていました。

これは翻せば効率的な働き方を必然的に求められるということなので、この環境で働く人材は自己管理能力が自然と高い人材になるはずです。

オフィス環境、空間への投資というのは比較的目に見えづらい投資対象だと思いますが、長期的、俯瞰的視点で見たらとても有効な投資だと思います。

また、植物の視点でいうと普通のオフィスに比べて植物がそこかしこにありありました。そこもWELL 認証取得には床面積の○%壁面の○%と目標値があるとのことです。

イメージだけでなく生産性や健康管理として都市デザインで使われていた「緑視率」や「バイオフィリア仮説」がオフィスに取り入れら出しました。有名なところだとAmazon(米国)でしょうか。

これは少々ぶっ飛んでますが、時代のキーワードに「自然」「植物」が欠かせないものになってくることは間違いなさそうです。

そしてこのABWやWELL認証。

私たちもただ植物がある空間を提案、提供するだけでなく、意味のあるの提案、提供の仕方を心がけていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました