植物を扱い価値を提供する物として植物の未来と地球環境の未来を考え、2021年度より売上げの1%を植林活動に寄付します。